ライフハック 体験談

【ダイエット】置き換えはしらたきよりもオートミール

リモートワーカーになってから、常にダイエットと隣合わせの人生になってきている。
日中は仕事でパソコンと向き合い、夜や休日もゲームでパソコンと向き合い続ける日々。
運動習慣のないインドアゲームマンとしては、食事の改善から考えないといけない。
手間なく続けるために、食事の一部を低カロリーのものに置き換えることにした。
プロテインに置き換えるパターンが近年多いが、
ご飯の楽しみも欲しいので、しらたきとオートミールを試してみることにした。
結果、しらたきよりもオートミールの方が個人的には良いと思ったので、紹介していく。

しらたきの弱点

しらたきは低カロリーで麺の代わりになる食品の一つ。
軽くお湯をかけて食べるとかなり中華麺感が出て良い。ラーメンスープをかければラーメンの満足感を得ることができるステキ食材。
ラーメン大好きマンとしてはかなりありがたい食材だけども実際に二週間くらいお昼ごはんに食べ続けて気づいた弱点が3つあった。

食べるまでの工程が多い

オートミールと比較すると、しらたきは食べるまでの工程がやや多い。
オートミールは器に入れて水をかけてレンジするだけで食べれる。
しらたきは、水を切ってぬめりを取ってつゆを用意する必要がある。

ぬめりを取る工程を省くと、地味に癖のある感じが残るので毎日食べるのはちょっと厳しい。
水切りも毎日やっていると一週間くらいで、『面倒くさいなぁ』と感じた。

空腹になるまでが早い

しらたきは食べた瞬間は多少の満足感はあるものの、二時間後くらいにはかなりの空腹感を感じる。
栄養価もほぼないので体もかなりの飢餓状態に陥り、しらたきランチ4日めくらいから集中力が持続しなくなる等の影響も出た。

『しらたき ダイエット』で検索をすると上位の記事で「しらたきは腹持ちも良い!」とか書いてあったりするけど全くの嘘。
エアプかしらたき食べ得たあとに牛丼食べてる。間違いない。

オートミールの強み

オートミールはそのまま食べるのは癖があって脳内にうさぎ小屋のイメージがカットインしてくるのでおすすめできない。
けど水を含ませてからレンジで加熱をすると、結構米に近い味と触感にすることができる。
しらたきほど低カロリーではないけども、お米と同等の満足感でカロリーは約半分。

ほぼ米なのでのりたまでも生卵でも納豆でも美味しく食べれる。
食べラーとは合わなかった。

しらたきと違って満腹感もあるし、腹持ちもかなりいい。
器に入れて水をかけてレンジで加熱するだけで食べれるので手軽。

個人的にはのりたまをかけて食べるのが至高。
生卵も追加すると更に美味い。

まとめ

手軽に置き換え始めるならをオートミールがおすすめ。
しらたきは圧倒的にカロリーが低く、ラーメン感も出せるけど毎日食べるのにはおすすめできない。

オートミールなら用意も手軽で腹持ちがいいので、無理なく置き換え続けることができる。
テレワークが復旧し全く運動をしなくなってしまった人におすすめ。

created by Rinker
¥1,010 (2024/06/18 07:49:19時点 楽天市場調べ-詳細)

-ライフハック, 体験談
-