体験談

【失敗】サイクリングで運動不足解消ならず

基本テレワークで趣味もゲームなので、運動する機会が皆無の生活を送っている。
本当に家から出ないので、お腹周りが気になる年頃になってきた。
酒も飲まないので、一気に太ることはないがじわじわと蓄えられてきている気配を感じ、運動不足解消にスポーツタイプの自転車を買った。
購入して約一年ほど経過し、指で数えるぐらいしか乗らなかった。
同じ轍を踏む人が現れないように、購入に至った経緯と全然乗らなかった理由について解説していく。

メカニカルごーとです!Twitchで活動してます!

サイクリングを選択した経緯

運動不足を解消するにしても、ただ運動するだけでは続かないと思い、習い事等色々検討した末サイクリングを選択した。
決め手は主に下記の2つ

色々な場所に行けて楽しそう

比較的都会に住んでおり、近所に楽しそうなスポットは沢山あるけど全然行っていなかった。
サイクリングを選択することで、運動不足解消だけではなく、東京のおもしろスポット回れるのはかなり充実するのではないかと思っていた。
過去にバイクに乗っていた際、色々な場所を回るのがかなり楽しかったので自転車でも楽しいんじゃないかと考えた。

Uber Eats等の副業にも転用できる

上述の通り、都会に住んでいるので近所のUber Eatsや出前館等の需要もかなり高い。
特段収入が多いわけでもないので、副業としてUber Eatsに取り組めば、お金も健康も手に入るし一石二鳥すぎて最高とか思っていた。
実際は始めるまでの準備のハードルを乗り越えることができずに終わっている。

どうして乗らなくなってしまったのか

充実した生活を夢見て貯金して3万くらいのスポーツバイクを購入したものの、一年間で指で数えれる回数しか乗っておらず売ってしまった。
全然乗らなかった理由は主に以下の4つ

考えることが多い

自転車に乗って漕いだら移動するから、乗る前に目的地を定める必要がある。
土日に楽しいスポットに行こうと思うと、場所の選定や自転車で行くにはどんなルートが適しているかを検討する必要がある。
この作業が思ったよりも捗らず、自転車購入前に行こうと思っていた場所をすべて回ってしまってから新たに検討するのが本当に面倒でやめてしまった。

変数が多い

雨・風が強い中では自転車に乗ることは強い意志がないとできない。
悪天候での自転車は事故のリスクが多い。
そして土日をメインに乗ろうとしていたが結構、雨で断念してしまうことが多かったのもやる気を削いだ。
サイクリング以外にもやりたいことはあるので、天候も考慮してスケジュールを組むことがかなりのストレスなっていた。

ながらでできることがない

自転車は曲がりなりにも車両のため集中力がいる。
自転車に乗りながら動画を見たりソシャゲをしたり音楽を聞く人もいるけど、実際かなり危ない。
事故を起こしてしまったら自分が大怪我する可能性もあるし、人に怪我をさせてしまうかもしれない。
保険は入っているけど事故は起こさないに限る。

なので、自転車に乗っている間は本当に漕ぐことぐらいしかやることがない。
偶に知らない店やきれいな場所を見つけて『おっ』とはなるけど、基本は何もない時間が多く手持ち無沙汰感が拭えなかった。

近所に良いジムができてしまった

お試しで行ってみた近所にできたジムがかなりヒットしてしまった。
ここで運動不足解消が実現してしまい、本当に自転車に乗ってサイクリングをする必要性がなくなってしまった。
天候に左右されず、トレーニングメニューも頻繁に変える必要はないので考えることも少ない。
また、音楽やラジオを聞きながらトレーニングできるのでサイクリングで感じていた不満も全部ケアできてしまった。

デメリットとしてはジム月会費がかかってしまうが、
運動不足解消を不快感なくできることを考えると全然払える金額。

まとめ

この一連の経験を通して伝えたいこととしては、運動を始める際には、ただ単に健康や趣味のためだけでなく、
自分の生活スタイルや好みに合致するかどうかを深く考えることが重要ということ。
サイクリングはかなり魅力的だったが、基本的に家から出ることのない自分の日常生活の中にとり入れるのは難しかった。
結局、スキマ時間で取り組めて、変数の少ない近所のジムでのトレーニングのほうが最適解だった。
なのでもし、同じような感じでサイクリングに挑戦してみようと思っている人は、改めて自分の生活に取り入れやすいかを再検討することをおおすすめする。

取り入れられそうならまずはレンタルサイクルとかからやっていくのが良いと思う。自分もそうすればよかった。

-体験談